デイケア 光のかけら

デイケア 光のかけら

県内では少ない日本リハビリテーション医学会の専門医によるリハビリが受けられます。また、治療機器や設備も最新の設備を導入しており、利用者様が安心快適にお過ごしいただけるよう配慮されています。また、院長が利用者様に声かけをし、異常や変化がないかを確認しています。

イベントなどは、利用者様とスタッフが一緒になって考案。
決められたスケジュールで一日を過ごすのではなく、選択性でやりたい事を選べるので無理なく一日を過ごせます。
「楽しい」のアイデアを出し合うことで、モチベーションの向上につながり、誰もが「元気」になる運営を目指しています。

お食事は手作り。旬の食材を使った献立、糖尿病食や塩分調整以外にも、苦手な食材があれば別の品目に変えるなど、個別のメニューにも対応しています。併設の厨房で作っており、「温かいものは温かく、冷たいものは冷たく」召し上がっていただけるよう厨房スタッフが心を込めて調理しています。

「ココロ・からだ・健康」をテーマに、利用者様とスタッフで自分たちののデイケアを作っていく、主体性、変化、進化のあるデイケアを目指します。

ごあいさつ

光のかけらでは自然光をたっぷり取り込み、積極的な屋外活動が困難な利用者様もメンタル面から元気になっていただけるよう開放的な設計になっています。与えられたスケジュールだけではなく、自分から行動意欲を持っていただくことで「社会復帰」「社会参加」に繋がると考えています。
是非、皆様も私たちと一緒に「ココロ・からだ・健康」を目指しましょう。

施設長  西川 正史
医学博士・日本リハビリテーション医学会専門医

光のかけら 一日のスケジュール

9:00頃~お迎え~ご自宅まで送迎車でお迎えに伺います。(車椅子対応車あり)
到着したら看護師がバイタルチェックを行います。
10:30頃~入浴とリハビリ~1階で入浴をしたり、2階の訓練室でリハビリを行います。急な変化にも医師の指示のもとで看護師がすぐに対応します。
12:00頃~口腔体操・昼食~誤嚥を予防するための口腔体操のあと、スタッフの万全な見守りの中、安心してお食事を楽しんでいただきます。
13:30頃~リハビリ・物理療法~合間に体操を取り入れながら、各自のプログラムをこなします。
15:00頃~体操・おやつ・レクリエーション~スタッフの元気な声に合わせて全員で体操を行います。その後は少し休憩。優しい甘さの手作りおやつをいただきます。
レクリエーションでは、各週でスタッフの工夫を凝らしたプログラムを取り組んでいただきます。
16:30頃~ご帰宅~ご自宅まで送迎車でお送りします。(車椅子対応車あり)

お食事&おやつ

デイケア 光のかけらでの 日々のお食事とおやつ の内容をこちらに掲載しております。是非ご覧ください。

>> お食事&おやつ<<

ブログ

2022年6月30日
2022年5月16日
2021年11月18日

スタッフ紹介

施設概要

事業主体医療法人恵愛会(社団)
営業日月~土 《定休日》日曜祝祭日 ※年末年始
定員35名
利用要件要支援~要介護5
利用時間9:00~16:30のうち7時間